回収料金の詳細について

不用品回収をして欲しいと言うときにやはり気になるのがその料金でしょう。
イメージとして高いというものを考えている方もいらっしゃるかと思います。
特に、1回の不用品回収の量が多いなどと言う場合にはそのように考えられるのではないでしょうか。

具体的な料金についていくつかお話して行きたいと思います。
まずは自治体サービスの場合。
シールでもお分かりの通り、500円若しくは1000円のものが大半となっています。
ですから比較的に安価に利用出来るかと思います。
ただし、1品ごとというルールですので数があるという場合に置いては負担額も大きくなる可能性はあります。
また、地域によっては1回の回収品目数が指定されている場合もありますからご注意ください。
指定品目以外の不要なものを回収して欲しい。
このような場合ですと、自治体サービスを利用することは出来ないでしょう。
民間業者を利用して回収してもらうという事になります。
民間業者に置いては実に様々なスタンスが用意されています。
お金をいくらか支払って不用品回収をしてもらうというのはもちろん、無料で回収をしてくれるところや場合によっては買取価格がつくという事も。
こう考えると、使えそうなもの・売れそうなものは粗大ゴミではなく民間業者に引き取ってもらうというのも建設的ではないでしょうか。

テレビ・冷蔵庫などといった、家電リサイクル法に含まれる品目に関しても民間業者は引き取ってくれます。
引取りのスタンスですが、原則としては法に基づいた料金がかかりますので「負担をする」という事は念頭においておきましょう。
中には、少し割り引いた形で回収してくれるという場合もあるかもしれません。
しかし別途、手数料などが加算される場合もありますから査定をしてもらうと良いですね。
家電リサイクル法においては、経済産業省の管轄となりますのでそちらのホームページにて詳細確認が可能です。
民間業者を利用する上で、様々なプランやメニューがありますので1つの業者であっても多くのスタイルがあることでしょう。
上手にプラン選択をすることでお得に利用出来ると言うものや、より希望に添った形で利用できるものなどがありますから比較検討をしてみてください。
回収スタンスとして分かりやすく初心者の方でも利用しやすいのは自治体サービスではあるのですが、細かな要望に沿って欲しい場合には民間業者が良いでしょう。
もしくは粗大ごみの事ならパーフェクトクリーンセンターでも良いでしょう。
そのどちらにも長短ありますので状況に合わせて取り入れていきましょう。


更新情報

2016-12-05
回収料金の詳細についての情報を更新しました。
2016-04-11
自治体のリサイクル・民間業者のリサイクルの情報を更新しました。
2015-07-29
こうしたものも回収してくれる?の情報を更新しました。
2015-07-29
衣服や布類の回収の情報を更新しました。
2015-07-29
査定についての情報を更新しました。
ページ上に戻る